クリニックモバイル

医師の転職・募集ならDtoDコンシェルジュ

検査のご案内

HOME >> 検査のご案内

東取手病院をご利用いただく皆様へ

当院では、「東取手病院の基本理念と運営基本方針」をもとに、スタッフ一同、真心をこめて 患者様本位の医療サービスを提供すべく努力を続けて参ります。

 

放射線科

CT撮影検査 寝台を移動させながらX線を人体へ照射し、輪切りの撮影をする検査です。単純、造影の2種類の方法があります。また、画像データを再構成する事により、自由な方向・角度での断面像や3D画像の作成ができます。
血管撮影検査 カテーテル、ワイヤーを手や足の血管から挿入し、X線透視をしながら目的の部位まで操作し、造影剤を注入しながら撮影する検査です。バルーンやステントを使い、治療を行うこともあります。
当院では主に、心臓・腹部・下肢の検査、治療を行っています。
一般撮影検査 X線を人体へ照射し、透過した情報を写真にする検査です。
胸部・腹部・骨など、いろいろな部位を撮影します。
X線透視撮影検査 X線を人体へ照射し、透視しながら撮影する検査です。
当院では主に、上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)の検査を行っています。
ポータブルX線撮影検査 重症で移動が困難、手術後などの患者様を移動型X線撮影装置で、病室や手術室で撮影する検査です。

検査科

心電図検査 両手と両足、胸部に電極を付けて、心臓で発生した微弱な電流の変化を波形図として記録し、心臓の動きを調べる検査です。
負荷心電図検査 運動することにより心臓に一定の負荷をかけ、心筋虚血(心筋への酸素供給の不足状態)
があるかどうか判定する検査です。
ホルター心電図検査 心電図が記録できる小型装置を身体に取り付け、24時間記録する検査です。
心臓超音波検査 超音波の特性を利用し、心臓の筋肉や弁の動きを観察し記録する検査です。
腹部超音波検査 超音波の特性を利用し、肝臓、胆のう、すい臓、肝臓、脾臓などの腹部臓器を調べる検査です。
その他超音波検査 超音波の特性を利用し、身体の血管の状態、体表臓器(甲状腺等)の臓器を調べる検査です。
肺機能検査 スパイロメーターという測定機器を使用し、肺活量等の肺の換気機能を調べる検査です。
簡易睡眠時呼吸検査 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断と治療法を選択するために行うスクリーニング検査です。
脈波検査 血管の硬さや狭窄を知ることができ、動脈硬化性疾患を総合的に診断することができる検査です。
ページトップへ